スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかりやすい透析工学

編集:酒井 清孝・峰嶋三千男
発行所:南江堂
発売日:2012-05



四国透析研究会の書籍コーナーで購入。
タイトルに惹かれまして・・・

ダイアライザに関する内容が多い様な印象です。
製造工程、膜の構造、PVPの架橋や流動特性など。
図表で示されていて解り易いと思います。
統計の内容も少しだけ含まれています。
ただ・・・やはり、というべきか、"信頼区間"に関する記述は無いですね。
その一点は残念に感じる部分です。
ともあれ。
透析に携わる臨床工学技士なら、一読すべきだと思います
中には「ハイパフォーマンスダイアライザー2008」と被る内容もありますが、あちらは後半部分が性能表ですから・・・



にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。