スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透析看護とは?

看護とは、と考えていて、ん?と思った事。

看護の過程は、看護上の問題を提起→看護計画の立案→実施→評価してフィードバック→新たな問題提起 or 既存の計画続行・・・てな感じと解釈しております。
という事は、ですよ。
透析室においても理屈は同じで、看護計画を一人一人に対し立案しているのが「普通の透析室」なのかしらん?と思いあたりました。
・・・・・・。
看護計画ってのは、そういえばウチには無いなぁ。看護記録は透析記録上にありますけどね。
アセスメントというか、傾聴はされているのですけど、計画の立案というのは覚えが無いです。
他のところはあるのかな・・・?
病棟のカルテには結構、長い文章でズラズラズラとあります。
それに近いものが透析室にないのは、もしかして異常?なのか?

ミニナース化する気はないですが、もうちょっと『看護』を勉強せにゃならんかなぁと考えておる次第です。
読書百遍の精神で『透析ケア』を読み返してみよう・・・
イベントがあった時に対応するだけでは、十分な看護と言えないのではなかろうか・・・?



にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。