スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39回 高知県透析研究会

参加してきました。
というか、来年で40回かぁ・・・
読み原稿無しでオーラルは初でしたが、マメに練習した甲斐があったかなぁと思う反面。
事前に盛り込んだ内容をちょっと飛ばしてしまった部分もあり・・・
要点を決めていたのに所々つまづいてしまったし、「え〜」と考えながら言葉を延ばすのは禁止だと心に決めているのですが、何度か使ってしまったなぁと反省。
T先生は雄弁だと驚かれていましたが・・・まだまだ練習が不足していたなぁと、自分的には今ひとつな感じ。
ぬ〜ん・・・、と今日は落ち込んでおこう。

さて、考えてみるに・・・
3つの基本組織で、監査、支援、研究者を考えていたのですけど、監査機構は早急に必要かなぁと。
倫理指針の法制化よりも前段階で整備しないといかんのじゃなかろうか・・・
監査機構からの品質保証・管理もあるわけですから、演題の倫理性担保はもちろん、質を高めるにも良いのではないか?と。
ヘルシンキ宣言もある事だし・・・
問題は構成委員をどう確保するか、という事かな。

それとちょっと厳しい話やも?ですが・・・
全ての演題を受け入れず、妥当性を判断してハジく必要もあるんじゃないかと思います。
後付けにならないよう演題受付を早めにしてテコ入れするのもアリかな・・・
そんな事を悶々と考え中。



にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

tag : 臨床研究

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。