スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第28回 ハイパフォーマンスメンブレン研究会

参加するのは今年で3回目になります。
今年は、何とか1回は質問してみようという気持ちで参加しまして、簡単な所ではありましたが自己目標は達成したので、ひとまず良しとした所でしょうか。
緊張で胃が痛みます。
もうちょっと突っ込めれば良かったかな・・・?
HDFというよりはHFかしら、という質問を致しました。
HDFで評価をするのであれば、ダイアライザへ供給される透析液流量の方を揃えるべきではないかな?と思いまして。
定圧では無理かもしれませんが定速なら、と。

さて置き。
定圧濾過は面白いなぁと思います。
それこそ昨年、酒井先生か山下先生が仰っていた話だなぁと思いつつ拝聴しました。
あれ?峰嶋先生だったか・・・?うろ覚えです。
抄録もってくれば良かった・・・
ともあれ。
除去性能(特性?)はHFでも十分なのかしら、と考えたりするのですが、除去だけじゃなくて、電解質補正というか、体液の性状を調整する事も重要なのですよね。
完全にHFじゃなくて、100か200か、低流量でもダイアライザに透析液を供給する事で電解質の補正が多少なりともできるのかな?とも思う次第です。
ま、でも、ひとまず今の所は、血流量程度には透析液流量を確保すべきではないか、と考えます。

それこそ、定圧濾過で補液流量が増えた分、総透析液流量が上がる、とか。
その辺、ソフトウェアのバージョンアップだけで何とかなるんちゃうか?と思うんですが、どうなんだろう・・・
日常的に物理的な操作をしてるわけではなくて、あくまでタッチパネル、ソフトウェア上での設定を変えているだけですから、できそうな気がします。
あ、でも、そうすると、透析液の使用量も機械側で見てもらわないと計算がややこしそうですから、機械面も工夫が必要なのかな・・・

と、そういえば、今回はシンポジウムがないですね。
そこをディベートセッションに置き換えたという事かしら。
あれだけ細かなルールを決めて、勝敗もつけるというのは、初経験でしたので、楽しませて頂きました。
壇上の先生方はさぞ大変な事と思います。
ただ某技士さんも話されてましたが、本音はどうなのか?というのは伺いたかった所です。
後半は随分時間があまったので、20分ほど?ディベート抜きで話されてましたが・・・前半は結構ギリギリでしたものね。
本音はどっちなんだろう?

さてと・・・二日目は押しても16時までには終わるでしょうから、ゆっくりお土産買えるかしら。
まだ3回目ではあるものの、毎年来るもので、さて何がいいものかと頭を悩ませています。
毎年同じでは味気ないですしねぇ。
そろそろ、東京バナナあたりは、またか!?と言われそうで敬遠。
確か去年は東北名物市があったのだけど・・・今年は?



にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

コメントありがとうございます

こちらでははじめまして、ですね。
お疲れさました。

> その某技士とはおそらく私のこと?
>
ええと・・・多分お察しの通りです。(笑)
正直な所、業者さんの数人程度しか分からなかったので、少しホッとしました。
ありがとうございました。

> 懇親会の時、前半のディベートの先生の一人に本音を聞くことができましたが、逆の意見でした。

おっと。そうでしたか・・・
ぜひ本音で、ガチンコのディベートってのも観てみたいですね。
収拾つかなくなりそうですけど。

No title

お疲れ様でした。
懇親会でいろいろお話させていただいたCEです。
>ただ某技士さんも話されてましたが、本音はどうなのか?というのは伺いたかった所です。
その某技士とはおそらく私のこと?

懇親会の時、前半のディベートの先生の一人に本音を聞くことができましたが、逆の意見でした。
今回のディベート、楽しかったですね。
参加されたCEの方も凄く勉強になったとものと思います。
FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。