スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れがわかる学会発表・論文作成How To 改訂版



ハイパフォーマンスメンブレン研究会の書籍コーナーでちょっと気になったので買いました。
いやまぁ・・・
今更HOW TO 本を手に取ってどうするんだという突っ込みを技士長から受けましたが、それはさて置き。

ほとんどは今までのスライド作りで教わった事ばかりですね。
あと中盤の、発表する時はマイクを手に持った方が話し易いって件に納得。
いつの頃からだったか、固定したままだとやり難いなぁと思って、手に持つようにしています。
その方がやり易いです。
最初は手にもって良いのかなという不安を密かに感じてましたが・・・
この本、最初に読んでおけば参考になったかなぁと思います。

あ、2011年発行なのでそれは無理か・・・



にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。