スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The results of an 8 h thrice weekly haemodialysis schedule

さて、Tassin Studyについて、yahoo翻訳も利用して何とか読んでみました。
おかしな解釈をしているところがあれば、ご指摘のほどよろしくお願い致します。

Methodsの部分で、食事に塩を加えない様指導した事。しかし、チーズは制限しなかった?という記述があります。
EBM透析療法』や『1日6時間以上の長時間透析と限定自由食』では、1日あたり5gの塩分制限、と書かれていますが、その5gという記述は論文中に見つけられませんでした・・・
ただ、平均体重増加量が1.6(0.4)kgと書かれているので、遵守率は高いのかな?と、思います。
876名のデータですから平均値で示すことには妥当性がある、と考えます。
少数データであれば中央値で示さないと、バラツキが大きいと思うのですが、それは無さそうですね。

結果は、Table6が解りやすいでしょうか?
生存割合は、平均血圧(MAP)、原疾患、導入時年齢、心血管系疾患(?)、血清アルブミン値に統計的有意差があり・・・
Kt/V ureaや、square metre hours/weekは有意差無し。
Risk retioと95%信頼区間を見てみると・・・
原疾患と心血管系疾患あたりは高いですね。

Babb's DIってのは何かしら・・・?
Referenceaの4に紹介されている論文を読んでみないと・・・
聞き覚えのない指標です。

Kt/V ureaは、1.221(0.527-2.826)となっており、0をまたいでいるから統計的有意差が出ないんでしょうね。
それにしても0.527~2.826って結構幅が広い印象です。
可能であれば、ちょっと生データを見てみたい部分です。
ダイアライザは同じで、血流に大差ないとすれば、体重の影響?でしょうか?


読んでみて思ったのは・・・
塩分制限がどれだけ影響しているのか?という事。
血圧のコントロールについて、塩分制限による重みが大きいのか、透析時間による重みが大きいのか?は解りません。
もしも、塩分コントロールができていなかったら・・・?どうなっていたか?
塩分コントロールがうまくできなかった方はいないのかな・・・
ただ。
長時間透析にして3ヵ月後に、透析MAPの平均が119(162/98)から、100(136/83)へ低下したとの事ですから、時間延長による影響はある、と思います。
経時的に見ても、血圧が徐々に減少している様子なので、続けることに意義があるとも感じます。
Fig.3に標準偏差も示されていたら良かったなぁと感じました。

降圧剤は1人を除いて中止できた点は、凄いなぁという印象を受けます。
当時として、生存割合がどうであったかは、当時のフランスの状況を知らないので何とも言えないところです。


手根幹症候群がうんぬん、という話も聞きますが、この論文中には記述がないみたいなので、ここでは言及しません。
日本の病院と比較した論文の方を読んでみないと・・・


論文
G.Laurent, B.Charra.The results of an 8 h thrice weekly haemodialysis schedule.Nephrol Dial Transplant 13[suppl 6]:125-31,1998




にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。