スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い巨塔を見て思うに・・・

そういえば、断片的にしか見てない『白い巨塔』が再放送されている事に気づきました。
ドラマを見ていて、以前書いたような書いてないようなうろ覚えですが、N社の某薬剤に関する論文改竄を思い出しました。
ちょうど、開示情報の隠蔽をするシーンでしたので、記事を読み返したら、どうしても偏ってしまいますね。
事実は小説よりも奇なり、という言葉もありますが、実際にはそうでない事を祈ります。
でもあの修正液はないよね。と、ドラマに突っ込んでも仕方ないか。
カルテの書き直しまでやらせそうな印象を受ける場面でした。


つい最近、本県でも「先進医療取り下げ」の記事が朝日新聞等に出てまして・・・少し驚きました。
どこででも起こりうる事ではあると思いますが、よもや本県でと、ついつい思ってしまいます。
詳細までは乗っていないので解りませんが、倫理委員会を通っていないって・・・うーん。
厚生労働省にも何か問題がありそうな?
厚労省に申請して、とあるのでチェック体制が十分だったのかしら?とそんな事を考えました。
あ、透析液水質管理の申請も似た様なもの、という気がします。
いずれもチェックする側に十分な知識があるのかどうか、疑問に感じた記事です。
しかしまぁ、患者に健康被害は出ていない、との記事でしたので、何よりです。
もし仮にあったとしても、そもそも因果関係を証明できるかどうか、という疑問はあります。

データ管理の問題は先の、某薬剤と同じなのかしら・・・
そういえば、キンダリー4号の記念講演で参加した情報交換会で聴いた話と似ているかも。
同じ集積データを解析して結果が異なったという、話です。
QCとQAの問題なのか・・・・?
あるいは、モニタリングの問題?

N社の某薬剤は、利益相反の問題が大きく取り沙汰されたような印象があります。
一方で「データの改竄」と「入力ミス」って、後から見ると解り辛いよなとも思いました。
意図的な改竄なのか?意図的ではない入力ミスなのか?
生データを見れば少しは判別できるのかしら。
透析液濃度管理でExcelに入力しているデータを見ると、小数点の打ち間違いを含めて桁が違うとか、テンキーでみると隣を押しているだろうなぁと思う所とか、対照液と透析液の入力箇所が逆だったりする事があるので・・・これ全部入力ミスなんですよね。
基本的に毎朝、技士長がデータを見て濃度異常がないかどうかを判断するので、どう考えても意図的な改竄ではないでしょう。
で、結局あの問題、どうなったのかしら?ちょっと調べてみようかな。
どこまで開示されるのかは解りませんし、報道にも一定の偏りがあるのでしょうけど。
似た様なニュースを減らして行く努力は必要、だと思います。

ところで。
日臨工からの「たより」にありましたが、「薬事法」が「医薬品、医療機器等・・・」という名称になるみたいですね。
薬剤と機器が現薬事法に含まれている事を踏まえると、別々に制定するよりもこういう形で落ち着くのが妥当なのかしら。
日本版NIH、はまだ創設されていないみたいですが、いずれはという風な感じなので、創設されれば臨床工学技士も何かしら役割を担う事になる、だろうと期待します。
そうすると、少なくとも養成校において、臨床研究の基礎を学ぶ機会は必要だと考えます。
今はどうなのか存じませんが、少なくとも自分は学ぶ機会が無かったので・・・
特に、医療機器の治験における役割や把握しておくべきルールは学びたい所です。

技士会や血液浄化技術学会は何かしら備えをしているのかな・・・?
それこそ、監視機構でも作れば少しは変わるような気もしますが、基礎的な知識の底上げが前提になるかもしれないですね。
理解されるかはさて置き、セミナーとかワークショップかな。
ICR webを一通り見るだけでも十分な気はしますが・・・



にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

コメントありがとうございます

>nanaoさん
はじめまして。

> ブログを拝見させていただきました。
> N社の某薬剤に関しては許されるべきでない問題がありますが、背景にそういった医療におけるデータの改竄を見抜くプロが少ないことも問題であるように思います。臨床の現場をご存知ない方が、データを見返して3ヶ月後のフォローの検査が4ヶ月後にずれているだけで(患者さんの都合でこういうケースは往々にしてあるかとおもいます)問題としてピックアップしてきたりと、本質にかかかわるであろう問題点だけをデータからピックアップするのがむずかしいのだと思います。
>
解りやすいお話をありがとうございます。
なんといいますか、杓子定規な感じですね。
現場が当惑している様子が目に浮かびます。

本質的な問題点を抽出して対応できるような人材の育成(あるいは組織編制?)は最低限必要な機能であるように、思います。
育成が追いついていないのが日本の現状、なのでしょうか?
その辺の事情には聡くないので、疑問に感じる部分です。

はじめまして

ブログを拝見させていただきました。
N社の某薬剤に関しては許されるべきでない問題がありますが、背景にそういった医療におけるデータの改竄を見抜くプロが少ないことも問題であるように思います。臨床の現場をご存知ない方が、データを見返して3ヶ月後のフォローの検査が4ヶ月後にずれているだけで(患者さんの都合でこういうケースは往々にしてあるかとおもいます)問題としてピックアップしてきたりと、本質にかかかわるであろう問題点だけをデータからピックアップするのがむずかしいのだと思います。
FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。