スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照度測定アプリ REPLE

興味本位でAPP storeを検索してみたら・・・ありました。
しかも複数ヒットしました。
その中から、Panasonicの「REPLE」というアプリを落としてきて早速測定。
操作法はアプリ内に説明があるのでそちらをご参照下さい。
簡単に言えば、白紙をカメラで撮影して照度[lx]を計測するという仕組みです。
色調から推測しているのかな・・・?計算法までは分かりません。

測定場所は、第一透析室、第二透析室の中央にあるベッドの枕元。
中央で測定した理由は、窓際だと太陽光の影響で高めに出る、と推測した為です。
それから昼時の屋外でも測定してみました。
第二透析室では、間接照明と天井灯のいずれか一方で測定。

測定結果は・・
 第一透析室 783 [lx]
 第二透析室
  天井灯のみ 1160 [lx]
  間接照明のみ 458 [lx]
 屋外 73227 [lx]

こうしてみると体感どおり、第二 天井灯> 第一 >第二 間接照明、の順でした。
というか、間接照明で、薄暗いと思っても458[lx]もあるのか・・・
透析室の照明」で参考にした『透析医療における標準的な透析操作と院内感染予防に関するマニュアル』を、仮に、基準として考えると・・・
スタッフの穿刺等処置:350~500〔lx〕程度、とあるので、間接照明でもこのレベルなのですね。
患者が読書やTV観賞する時:150~350〔lx〕程度、にはまだ遠い・・・どんだけ暗いんだろう。

ただ、あくまでアプリ測定ですから・・・ねぇ。
信頼性と精度がどれほどのものかは不明です。
一応、教科書的な数字として、直射日光では約10万[lx]と書かれている事を踏まえると、2~3割程度の誤差がありそうでしょうか。
参考程度になる・・・のかなぁ・・・どうなんだろう。


ちなみに参考までに写真を載せますと、天井灯でこんな感じ。
fc2blog_20140514060314885.jpg

間接照明ではこれくらいです。


写真でどれだけ伝わるかはさておき、薄暗い感じですけど、まだ明るい方なのかしら・・・?
あ、ブラインドを閉めて撮影すべきでした。


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。