FC2ブログ

第61回日本透析医学会 学術集会

参加してきました。
参加された方はお疲れ様でした。
今回大阪で、わりと会場が離れてましたね・・・
スペース上難しいのでしょう。
会場間を往復してるシャトルバスのお世話になりました。
透析液の濃度管理について色々と拝聴しました。
血液浄化技術学会での取り組みも何とか聴く事ができました。
基準物質を使ったメーカー側の調整は進んでいる様で、今後どうなるのか期待しています。
清浄化はガイドラインの改訂があるようですが、拝聴できませんで・・・
カプラの清浄化は記載されるのかなぁ?
カプラ洗浄の演題も見かけるのですけど、ATPでの評価は本当に適切なのか?と常々疑問に感じます。
また、ATP測定装置の業者さんに聴いてみるとキッコーマンの装置では塩分濃度が高いとダメみたいな話でした。
透析液でも大丈夫なのか??
別会社のものは塩に強く、感度も高いとの話でしたので、ウチのスタッフが実際に測定中です。
午前~午後の入れ替え時も評価してくれているので、興味深い結果になりそうです。
某業者には、クリーンカプラの洗浄はどこもやってないと思いますよ、と言われましたが・・・
そんなわけあるかいな、と考えてます。
本年の東京都若手技士勉強会で言われていたのは、清浄化清浄化と言いながら、最後の最後でカプラが人の手で脱着されているのは端から見れば可笑しな話、とそんな風な事でした。
カプラが自動で接続されるとか、一体型とか、人の手が加わらない様にしない限り、その部分の清浄度を保てるワケがないと思います。
いくらクリーンカプラと言えど、汚染されにくい構造なだけで、使用方法についてはキッチリ規定されて然るべきでしょう。
ガイドラインでも明記されるべきだと思いますが、そういう考えの人は少ないのかしら?

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
Twitter
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Gremz